鉋(かんな)

工具詳細spec

説明 主に建築部材の表面を仕上げる為に有る木製の台に刃物を差し込んで使う道具の総称が鉋とされています。
日本最古の鉋は槍鉋『やりがんな』と称される物で長い木の柄に柳の葉のような形状をした刃物を柄の先端に取り付けた物が弥生時代から存在したとされています。
現在主流の『台鉋(だいがんな)』『平鉋(ひらがんな)』と位置付けられる物は明治時代、西洋鉋から移入された二枚の刃を合わせて使用する技術をもって確率されました。
用途別に分類すると20種類以上に及ぶにカテゴリに分類されます。
現代では替刃式や刃口調整式台付きなどの便利な鉋が存在しますが使いこなすにはやはり熟練の技術と経験が必要になります。
鉋の使い方を見るだけで持ち主の職人の技量を図れるほど、職人には重要な道具のひとつです。
電話でのお問い合わせ 086-250-6966 受付対応時間 09:00~18:00
メールでのお問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい