白柿(しらがき)

工具詳細spec

説明 白柿(白引【しらひき】とも呼ぶ)は、精密な加工をする場合の罫書き(木材に対して横方向)に使用する道具です。
縦方向には前述の毛引きを使用します。鉛筆よりも細い腺を引く事が可能でより細かく且つ正確に作業するための位置決めができ主に指物、建具関係の職人が使う道具です。
差金を木材に直角方向にあてそれにならって白柿をかける事で正確に木材に対して垂直に細く、細やかな線が引けますが白柿を直接、差金にあてて使い続けると金属同士の摩耗で白柿の刃先がすぐ痛んでしまうので、片山建具店の職人は自分たちで差金に代替する専用の定規を木材やアクリルなどで作って差金を大事に使っています。
建具屋では主にホゾ加工の部分に正確な穴を掘る為、障子など組子【くみこ】と呼ばれる桟を均等に割り付けする為になくてはならない道具です。
白柿は片方にしか刃が付いていないので右用、左用がありその二本を組み合わせた専用道具、【二丁白柿】がありこれを使用する事で均等な二本の罫書きを等間隔で墨付けする事が出来ます。
電話でのお問い合わせ 086-250-6966 受付対応時間 09:00~18:00
メールでのお問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい